読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

神さま、私を強くしてください。

 

神さま、どうか私に、強さをください。

 

ありのままの私でいられる強さを、私にください。

 

飾らないでいられるだけの強さを

自分にウソをついてしまわないだけの強さを

カッコウよく見せようとしないでいられるだけの強さを

カシコく見せようとしないでいられるだけの強さを

 

傷つきたくないばかりに、

ただ、傷つきたくないばかりに、

 

自分を偽ってしまわないだけの強さを、

 

どうか、私にください。

 

強くなりたいわけではありません。

弱さを見せたいわけでもありません。

 

ただ、ありのままの私、でいられる強さを、

私にください。

 f:id:uni-ya:20150608183651j:image

 

 

たぶん、こんな弱い私の心の中にも「強さ」は眠っている。

きっと誰の中にも、ちゃんと存在してるんだと思う。

太古の昔から、原始の昔から、本能とセットになって

ちゃんと、ある。

だけど、長年ぞんざいに扱ってきたから、

間違った使い方をしてきてしまったから、

自分でもどうやって使っていいのか、分からなくなっている。

でも、ちゃんとあるのを私は知っている。

でも、

一人じゃぁ、動かせないくらいガッチリと固まっちゃたから

しばらく開けてなかったジャムの瓶のフタのように、もう、握力の弱い私じゃぁ無理だから

 

どうか神さま、

 

助けてください。

 

私が、私の中に眠っている強さを使えるようにしてください。

あなたが授けてくださった強さを使えるようにしてください。

 

それは、

ただ、ただ、

「ありのままの私でいる強さ」です。

 

私じゃない他の誰かになろうとする強さではなく、

純度100%の私、でいられる強さです。

 

そんな本当の強さをどうか私にください。

 

 f:id:uni-ya:20150608183707j:image

 

「えぇよ」

 

「ありがとうございます!」

 

 

 

強さについて悩んでいたら、ふと「もう持っているんだ」ということに気づきました。

なんだ、そこにあったんだ、、、。

なんて素晴らしいんだろう、あったんだ。

だけど使えないんじゃぁ、意味がないよな~。

と、思って書きました。

でも、そもそも、弱い、とか、強い、って何だろう?という疑問もわいてきます。絶対的な数値じゃはかれないと思うのです。二つの間に境界線はなくて、混じりあって中間色になってる部分の方が、きっと多いと思うのです。 

では~