読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

Panasonic LUMIX DMC-GM1 購入後~その3~単焦点レンズPanasonic編

ーーーーーーーーーー

何故かカメラド素人(私)のGM1購入記が読まれてるようなので、購入後の事を先日書いてみました。

そしたらどうやらそれも読まれてるようなので、愛すべき同胞の皆様に向けて、さらに続編を書いてみます。

ーーーーーーーーーー

今回も、価格コムでのマニアックなカメラガイ達のクチコミを読みすぎて、頭デッカチになった上に強度近視の目が充血してる状態で、レンズについての受け売り情報を書かせていただきます。

合言葉は

『カメラは消耗品、レンズは資産』

 ですよ。(私自身は一個も短焦点レンズ持ってませんけどね)
 
 
さて、では、私が人生の時間を削って検索しまくって「どうやらこれが良いらしい」となったレンズ様達をご紹介させていただきます。
 
あくまでも「DMC-GM1につけたい短焦点レンズ」という視点です。
 
 
パナソニック陣営】
 はるかちゃぁぁああん、きれいですぅぅううう
 
 
まずは「神レンズ」と呼ぶヒトまでいるコチラ

 薄い!(ただし、上下はうっすらGM1からはみ出るらしいです)

クチコミは「AFが死ぬほど遅い」からイヤだと言う人、「コッテリした描写が好み」だからラヴと言う人、さまざまです。

さぁ、では、その描写はどんな感じでしょうか?

photohito.com

うん。確かに「コッテリ」という表現があてはまる気がします。

20mmという画角も、料理から風景、印象的な作品まで何でも撮れる便利な距離ですね。

 

 

お次は、ちょいお高めなコチラ 

 「だってライカだもん」「やっぱりズミルックス」と言われている、高級路線のこちらのレンズ、品の良い描写をするらしいです。

(*パナソニックは25mm/f1.7というレンズも最近だしました。f1.7の方は安いですが、手振れ補正はついてません)

 

では、フォトヒトさんで見てみましょうか。

photohito.com

どうでしょうか?

最初に紹介した20mmよりは、もう一歩近い、感じがしますね。

自分の写したいモノ、コト、がよりはっきり出てくる画角ですね。集中してる感覚でしょうか。

 

 

パナソニック陣営から最後はコチラ

 これもズミルックスさんですね。

この15mmという画角は、スマホカメラと同じらしく、もしかしたら一番慣れ親しんだ使いやすい距離かもしれませんね。

 

さて、では15mmのこちらでどんな写真を撮れるのか見てみましょう。

photohito.com

やはり、25mmと比較すると、風景写真が増えますね。

雲の広がりや、橋の奥行きなど、長い、広いといった方向を感じる物がステキに撮れてます。

 

 
 
【番外編】
私自身が、寄って寄って...な撮り方が好きなので、コチラがヒジョーに気になります。
GM1につけると出っ張りが尋常ではありませんが。

 マクロレンズですが、ドアップで撮るというよりも、ちょっと遠くのモノを切り取ったり、近くのモノの部分だけを大写しにしたり、な感じですね。 

photohito.com

 

 

 

以上、パナソニック編でした。

このままオリンパス編へと突入いたします。

 

 

では、ひとまず。

 

 

 

 

uni-ya.hatenablog.com