読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

うんち君

最近やけに会社ネタが多いが、本日もまた同僚を俎上にあげさせてもらおうと思う。

 
一年ほど前、本社から30代の男性が転勤してきた。
よく見ると全然似てないと分かるが、チラリと見るとチャンカワイに似ている。
サラリーマンにしてはいささか鮮やか過ぎる青いスーツが芸人っぽさをよりいっそう引き立てる。
 
この記事では彼のことをカワイと呼ぶことにしよう。
カワイは、いつもニコニコしつつ、横柄さと卑屈さの両方を兼ね備えた非常に一般的な日本人中堅サラリーマンだ。
 
妻と子供は東京に残し、一人で北海道にやってきた。
奥さんが「(北海道に引っ越すのは)絶対にイヤ!」と頑強に言い張ったらしい。
たしかに北の果ての北海道では春先に通学路に熊が出たり、キツネが出たり、さらにそのキツネを熊が襲ったり、朝から血の色をした弱肉強食劇場を鑑賞させられる、子供には少々チャレンジングな土地だが、いやだからこそ、子供には楽しい土地であると思うのだが、未開の土地で子供を育てるなんて無ー理ー、アイヌ語喋れないしー、ということのようだ。
 
そんなこんなで一人で試される大地で生き延びることとなったカワイ
炊事洗濯
雪かき
「ゴミ投げ当番」という不可解な役割
大変なんでしょう
慣れない土地、馴れない仕事
だからなのか
 
 
うん○臭い
 
 
最初は「ん?」とね、「あれ?」とね、思った。
なんだろう?このニオイ……アレに限りなく似たこのニオイ……発生源はどこかしらん?私だったらイヤだわ……
 
目には見えないニオイの小川の源流をたどると
そこには
 
カワイ氏
 
 
オーケー、いいでしょう。
しょうがない。
いろいろ大変なんでしょう。
嫁と上司の板ばさみ
そりゃお腹の調子も悪くなるでしょう。
 
しかし
翌日も、翌日も、翌日も、翌日も、翌日も
毎分、毎秒、休むことなく
 
ウン○の香りを放ってくださる
 
 
どうして?
何が起こってるの?
ほわーい?
 
今日もニコニコしながら事務の女の子に話しかけるカワイからは、お約束の芳香が漂っていた
 
いや、ニコニコしてる場合じゃないから
下着が汚れてるんなら取り替えて!
お腹の調子が悪いなら整腸剤でも飲んで!
突っ込みたくて、どうしようもなくもどかしかった。
 
いや
実はどうでもいいんだけど。
ウン○のニオイしてようと、タクアンのニオイしてようと、バニラエッセンスのニオイしてようと、私には関係ないんだけど
 
客先の人には名前じゃなく、もしかしたらだけど、ウン○君って言われてるかもよ?いいの?
 
 
 
あ!もしや、自分を印象付けようという高等な営業戦略?!
 
 
 
 
んーむ、まさか考えたうえでのことだったとは。。。(そんなワケない)
 
 
 
 
ちなみにカワイ氏は机の上はめちゃきれいで整理整頓の鬼なのです。なのでかえって解せないという……
 
 
 
清潔感は大切ですね☆
 
 
 
 
 
では、では~♪
 
 
 
 
 
注:文中、つい筆が滑りましたが、私の住む札幌市では通学路には熊はでません。