読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

ブログの色のハナシ

昨日に続いてカスタマイズのハナシです。

 

ブログを始めたときになんとなく決めたテンプレート、選んだテーマに、ちょっと不満がある方は、いませんか?

カスタマイズしたい、でもメンドくさい、そもそも知識もない。

それなら大元からガラリと変えなくても、色を変えるだけで自分の思う感じに近づけるかもしれませんよ?

  

昨日、ブログを"ちょこっとだけ"、カスタマイズしました。

そのときに色でかなり迷ったので、今日は「色」について書こうと思います。

すみません、CSSとかの知識はゼロなので、色のハナシだけです。

 

皆さんは学校で「色相環」を習ったと思います。

黄色に青を足したら緑になって、青をどんどん足してくと青~青紫~紫~赤紫~赤~オレンジ、、、そして黄色に戻ってくる、アレです。

こんなやつです↓

f:id:uni-ya:20160410130651p:plain

Wikipediaより

 

色は、青とか黄色とか色そのものを分ける「色相」と、薄い(白っぽい)濃い暗い(黒っぽい)を分ける「トーン」というもので、できてます。(かなりザックリ言うと)

で、

青と青緑、は「色相」が似てる

パールグリーンとパールピンクは「トーン」が同じ、と言えるんですね(ザックリ言うと)

で、

もしかして、色を変えるだけで自分の思う感じに近づけるかもしれませんよ?という今日の本題に入っていくわけです。

 

私、最近、色の勉強を始めまして、ちょっと意外だったのが、似たような色同士の組み合わせは安心感がある一方、ツマラナイ、ということです。

実はちょっとだけ離れた色同士を組み合わせたほうが、双方をひきたてつつ、オモシロい効果をだして、おしゃれ感が出せるんですね。

時計に例えると、12時の場所の色には、3時の場所の色を組み合わせると、センスの良いこなれた感じが出ます(出るらしいです)

 

と、いうことで見本を用意してみました。

 

さて見本①です。

f:id:uni-ya:20160410144009j:plain

公式テーマをそのまままるっと使った組み合わせです。

安心感、ありますね。

 

では、色をちょっと変えてみましょう

 ②

f:id:uni-ya:20160410144109j:plain

公式テーマの背景色を青緑系の暗い色に変えて、タイトルを似た系統の薄い色にしてみました。(タイトルの変え方は昨日の記事を参照してください)

どうでしょう?ちょっと男性っぽい、落ち着いた感じになりましたかね?

 

③では、タイトルの色を背景色と全然色相の違う赤系で、トーンは背景色と似た暗いモノに変えてみましょう。

f:id:uni-ya:20160410144322j:plain

お?これもなんか良くないですか?タイトルがドーンときますよね?

 

④では、背景色と、色相もトーンも離れたレモンイエローいってみましょう

f:id:uni-ya:20160410144555j:plain

お、これもステキじゃないですか。うっすら北欧っぽい?ポップな感じがでてきましたね。

 

 

⑤では、そろそろ背景色も変えてみましょうか

f:id:uni-ya:20160410152828j:plain

おー!さすがピンク。ふわふわうふふ感が満載です。オッサンは使えないですねー。

 

 

⑥背景がピンクでもタイトルのトーンを暗くして、青い色を持ってきたら、大丈夫そうじゃないですか?ダメ、ですか?

f:id:uni-ya:20160410152921j:plain

 

 

さて

①~⑥どれがお好みですか?

似たモノ同士を組み合わせる、離れたモノ同士を組み合わせる、どちらもそれぞれ良いですねー。

 

と、好みをきいておいてなんですが、

実は、上でもちょろりと書いたまちがいのない色の組み合わせ、それを教えてくれるサイトがあるんです。

これはすごい!便利です。

 

[ HUE / 360 ] The Color Scheme Application

 

使い方はコチラ、56docさんのブログが詳しいです。

blog.56doc.net

 

 

HUE/360様のアドバイスにしたがって作ってみました。

f:id:uni-ya:20160410151351j:plain

12時と4時くらいの場所の組み合わせです。ちょっとぼんやりしたトーンを選んじゃいましたが、確かにこじゃれてますね。(見出しの色は無視してください)

 

 

こうして見ると、背景の影響って大きいですね。。。

 

ということで

結論

背景色は分量が大きい分、これが雰囲気の土台を作る。ここをまず決めるべし。

タイトル、見出しなどそのほかの部分の色は、トーンに気をつけて「色相をちょっと離す」ことを意識せよ。

迷ったらHUE/360様にお伺いをたてるべし。

 

 

こちらのサイトは系統ごとに色が分かれていて見やすいですよ。

www.colordic.org

 

 

Have a great Sunday☆

 

ではッ