読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

与えられてるよ、っていうハナシ

Amazon プライムに加入したアマゾン信者の私、

最近は、Prime Musicでテイラー・スウィフトをよく聴いている。

 


Taylor Swift - You Belong With Me


Taylor Swift - Style

 


Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Together

 

 

歌を作る才能と、歌う才能と

歌手になる夢をあきらめない強い意思と、

きれいな顔立ちにブロンドの髪、スラリとした肢体を持ち、

Wikiによると

高校の課程の2年分を12ケ月でこなして卒業資格を取得したとか

すごく優しい人だとか

育った家庭は裕福だとか

 

どこかに欠点とか残念な部分とかないんだろうか?

 

凡人の私には、妬ましいという気持ちすらわかないほど、完璧な存在に見える。

 

しかし、待て、

待てよ、と、さらに私は思う。

 

私だって歌えるし(声はでるからね)

イヤだ飽きたと言いながら会社員続けてるし(これも意思)

目も鼻も口もあるし(位置関係はイマイチだけど機能はしてる)

髪もあるし(質的には落ちてきてるけど量は十分)

手足はちゃんとあるし(外反母趾だけど)

高校はちゃんと出たし(成績も悪くはなかった記憶が)

育った家があった(庭もあった)

 

自分のことを凡人と言える私は、けっこう恵まれてるんじゃない?

 

だって、家も親もない、とか、歌が上手なのに歌手になるだなんてそんなこと許されない、っていう国にいる、とか、ね、そういう人が世界にはいるわけだし。

 

 

私は、あらゆる感情の中で、「感謝」の気持ちが、幸せの一番の根っコだと考えている。

嬉しい、楽しい、だけでは幸福にはなれない。

「感謝」の気持ちこそが、しみじみと自分を満たしてくれる、そう感じている。

(そして、「感謝」は、「成功」にいたる道の基点だとも思っている)

 

 

と、いうことで、

テイラー・スウィフトのような才能も容姿もないけど、

音楽を聴ける耳があることや、

音楽に感動できる情緒があることや、

スマホをもてる経済力があることや、

女性がひとりでも暮していける国にいることや、

あれやこれや

自分には十分過ぎるものが与えられているのだな、

与えられていることに感謝だな、と、

 

そう思ったりするわけです。 

 

 

あぁ、鼻がもう少し高かったら、歯並びが良かったら、とは、いつも思ってるけどね。

 

 

 

ちなみに、どうでもいいことですが、私の車はスズキのスイフトです。

 

ではッ