読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

気になる人、好きな人、憧れる人

 

私には、好きな人がいる。

 

何人もいる。

 

男性、女性関係なく、年上、年下関係なく、その人の属性になんてまったく関係なく、あぁいいな、ステキだな、と思う人がいる。

実際に会ってそう感じる人もいるし、ネット上で見かけて好きになる人もいる。

 

たぶん、多くの人が、「LOVE!」とまでいかなくても、「いいな」「かっこいいな」「ああなりたいな」、そう感じる人、いるんじゃないかな?

 

リアルで会った人なら会話、表情、雰囲気、笑いのセンス、ちょっとした仕草、もろもろを統合して「ステキ☆」となるのだけれど、ネット上の人ではどうか?

彼/彼女のいったいナニが、ドコが、私達の心を引き寄せるのだろうか?

 

私の場合、圧倒的に、文章だ。

 

私は、Instagramを始めてから、たくさんの人の写真や絵を見てきた。

(関係ないけど、自分がフォローしてる人たちの投稿はすべてどれも本当にステキで、毎回チェックするたびに全部の投稿にハートマークをつけたくなる。ボタンを押すのに忙しい。)

誰かの写真や絵を「いいな」「この色、好きだな」「かっこいい構図だなぁ」と感じることは多いけど、でもそれを撮った人、描いた人までも「好き」と思うことは、ない。

まったく、ない。

 

ちなみに私の何人もいる「好きな人」の一人は写真家の中川正子さん

実は最初、中川さんの写真を見たとき「雰囲気いいな~」くらいだった。

それよりもご本人の美人度、経歴の方に目がいき、私の中で芸能人っぽい立ち位置だった。(プロのフォトグラファーさんなのにね、失礼ですよね)

 

でもInstagramに写真と一緒に載せている彼女の文章(長文、たぶんInstagramの限界ギリギリ?)を読んで、いっぺんに「好き!」となってしまった。

 

彼女の写真の雰囲気とあいまって、とても、良い。

私は明らかに彼女のことが好きだ。

たぶん、ご本人と会ったら、もっと好きになるだろう。

確信している。

 

 

しかし、

しかし、である。

私はヒジョーにめんどくさい人間だ。

もうホント、自分で自分のめんどくささに辟易する。

でも正直に言っちゃうと、

好き、憧れる、その感情の陰にこっそり、「うらやましい」が潜んでいる。

もっと言っちゃえば

妬み?

 

オーマイガー!なんて人なの?私!!!

でも、そう感じちゃうんだもん。しょーがないよねぇ。

 

f:id:uni-ya:20161126100122j:plain

                                        Xperiaで撮影

 

 

気になる人

 

好きな人

 

憧れる人

 

 

ずっと前にも書いたことだけど、そういう人達は自分と同じモノを持っている。

同じ部分が共鳴して、心が引き寄せられる。

 

ホントは同志なのにね。

 

ただただ単純に

「あなたの○○○なところが大好きだよ。だって私も○○○だから」

そう心から思えたらいいのにな。

 

 

どんどんどんどん寒くなってきております。

ご自愛くださいませ。

 

では