読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

弱みと強みそして内気なあなた

 

私は喋ることが苦手だ。

 

喋る、というと語弊があるかもしれない。

なんていうか、自分が大切だと思うこと、本当に自分が感じてること、それを伝えることがとにかくどうしようもなく、 下手だ。

 

先日、あるワークショップに参加した。

少人数の集まりだったけど、それぞれまったく個性の違う人たちが集まっていたので、いい意味で、違いを楽しめた。

 

そういった少ない人数のこじんまりとした席でも、私はまごまごと言葉数だけやたら多く感想を述べる。

本心からでた言葉なのかどうなのか、借り物の言葉なのかどうか、分からなくなってしまう。

しかしわたしは既にそういった私の性質を熟知している。

 

言い訳をかねて、「話すのが苦手で…」と付け加える。

 

そうすると、ワークショップ主宰のかたが「いまは言葉を溜める時期なのかもしれませんね」

「いつかそれを出す場面がくるはずです」

と言った。

 

あぁ、そういう考え方もあるのか、伝えられないまま、そういう人なんだと思って諦めるか、それとも伝えられる人になるよう努力するか、私はそう思っていたけど、いつか中から、言葉の方から外に出てくる時がくるのかもしれない。

 

いや、くる ハズ なんだった。

 

f:id:uni-ya:20161126100205j:plain

 

なにごとも

誰でも

得意と苦手、プラスの面とマイナスの面、誇れることと恥ずかしいこと、それは背中合わせで

どちらの方向から見るか、だけ、

だし

そこに意識が強く向いているということは

嫌いは好き

 

いつかは、オセロのように ぱたり ひっくり返る

 

黒が白になる

 

 可能性は多いにある

 

 

楽しみは多い方がいい

 

 

いつか、ホールのようなところで大勢の人を前に話す人になるかもしれない

 

なんてね

 

そんな妄想も頭をよぎる連休の中日でした

 

では