読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

くも

クモがでたーーーーー!!!

しかもデカいヤツーーーーー!!!

もわっともこっとしてて、動かない。。。

見た瞬間、一瞬、息が止まった。死ぬかと思った。


あぁ、日本語、愛すべき母語同音異義語の宝庫。
アクセントをほんっの少し変えるだけで、全然別の意味になる単語たち。

 


さっき、部屋の壁に蜘蛛(クモ)がいるのを発見しました。
成人女性の親指大(←つまり私の)
なかなかにデカいです。
白い壁の上に、黒くてまるまると太って(あーキモい!)いる物体が、いきなり、いるんです。
現れたんじゃなく、いつの間にか、いた。
テレポーテーションか?←日本語では瞬間移動ね

 

ここは北国、札幌。
北国の良い点を一つだけ挙げよ、そう問われたら私は即座に、もうコンマ以下の速度で「虫が小さい!」と言います。
寒いから大きくなれないんだと思う。「そこそこ大きくなったなー、俺(←虫のセリフ)」と思ったら冬だもの。積雪ンメートルだもの。

そんな札幌のしかも室内で、何故にあんな巨大蜘蛛が。。。


悪戦苦闘、死闘数十分、TVを買おうと見に行った(でも結局買ってない)ビックカメラでもらった厚手のSONYの紙封筒で捕獲して窓からリリースしました。(マンセーSONY!)

よく見たら気持ち悪い、でも、よく見ないと封筒をはずして手にのぼってくる可能性がある、

クモの逃走経路に"封筒の口を床と段差をつけずに"置きつつ、蜘蛛を追い立てる、限界まで薄目で

 


よくやった、私


頑張った、私

 

そういえば「蜘蛛の糸」っていう名作がありましたっけね。

 

 

いつの日か

恩を返して

蜘蛛さんよ