読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

CONTROL

 

私は自分の感情を完全にコントロールできる

 

シングルマザーに育てられ、日ごろから

「ひとに頼るな。自分に頼れ」

「自分で生きていく力をつけろ」

「男はアテにならない」

言葉で、態度で、そう教えられてきた。

 

幸運なことに、何ら特別な努力をしなくても学業は優秀、弁もたち、容姿も中の上だった私は、集団の中で生き抜いていくためには、あとはコミュニケーション能力を高めるだけだった。

 

感情をコントロールすること。

良好なコミュニケーションをとる上で、怒りは最も避けたい感情だ。妬みもしかり。

これらをコントロールして、女性の集団の中でいつも感じの良い人でいること。就職してからは上司、同僚、顧客、集団が広がっても悪しきこれら感情をコントロールすることで、私は順調に力強く生きてきた。

 

しかし、何だ、この感情は

あの人に会うたびに息苦しい。

単なる知り合いの一人のはずなのに。

笑顔を見ても、しかめっ面を見ても、会話をしても、しなくても、存在を認識するだけで、緊張する。呼吸が苦しくなる。

 

遠くに彼が見える。

 

こちらに歩いてくる。

 

どうしたの、私。どうしちゃったの。

大丈夫、落ち着いて、落ち着いて。この私が恋に落ちるだなんて、あるわけがない。男はアテにならないんだから。

大丈夫。普通に挨拶して、ちょっと会話して、そして、そして、

 

 

あぁ、どうしてこんなに嬉しいの。

彼の笑顔を見るだけで、嬉しい。

 

 

「やぁ」

 

 

あぁ、どうしよう。

コントロールできない。

こんなにも彼のことが