読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

性格という名の才能

先の日記にも書きましたが、私は英語の勉強のためにLang8というサイトを使っています。

 

勉強と言う名の趣味 - Uni-ya

 

そこで色々な、もうそれこそ本当に色々な人に会うことができました。

実際にリアルでは会っていなくてもメッセージのやりとりだけ、投稿される日記を読んでるだけ、でも「あぁ、なんてステキな人なんだろう」とウットリしてしまうことが、たまにあります。

これは見た目がどうだ、って事じゃないですよ。人として、の話です。

『文章は中身だ』と、『その人がそのまま出るのだ』と、心の底から思います。

美辞麗句で飾られてない(日本語が流暢じゃないので飾れようがない)文章から、人柄がにじみでてくるのです。

世界はやっぱり広い。これは私の個人的な「思いいれ」「憧れ」が多分に入っていますが、ステキな人、面白い人、狭い島国日本で生まれ育って、特に地元から出てないような人(私)からすると、えぇぇええッ!!!???っていうファンタスティックな日々を送っている人は実在しているのです。

 

そんな中で今日はカナダ人のトーマスさんの事を書きたいと思います。

f:id:uni-ya:20150123223056p:plain

彼は学校の英語指導助手?っていうんですか?ALTとして日本に来ました。

もう4年間日本に住んでいるんですが、その4年間で47都道府県を二巡りしてるんです。

この都道府県巡り(彼はQuestと呼んでいます)は、ただ闇雲に数だけをかせいでいるわけではありません。ちゃんとその地を旅して楽しんでいるんです。

彼はクリエィティブな事が好きなようで、そういった旅をビデオクリップにまとめてアップしてたんですが、そのクォリティが素晴らしく、私はいつも何故か涙目になって見てました。

今回も彼は2014年の旅をビデオにしてアップしました。

いつものように純然と彼自身が楽しいから、まとめたんだと思います。

それが今、Youtube再生回数70000回の人気ビデオになっています!!!

 

彼の目を通して見た日本は、とても美しい、素晴らしい国です。


Welcome to My Japan; 私の日本、ようこそ - YouTube

それはとりもなおさず、彼自身が素晴らしい人だから、だと思うのです。