読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uni-ya

~うに家~Drop at our house if you happen to come this way.

ありがたい ~ いつか土にかえる日

 

「ありがたいねぇ」

 

曾祖母はよくそう言っては、目を細めていた。

 

あれは、何歳のときだったんだろうか、

ある日、ばぁちゃんのいいつけで、もやしのひげを取る手伝いをしていたとき

「ウニちゃんも手伝ってくれるの。ありがたいねぇ」

そう言ったひいばあちゃんに

「ありがたい、ってどういう意味?」と、聞いたことがある。

まさか、そんな質問をされると思っていなかったのだろう、ひいばあちゃんは

小さくしぼんだ目をいきなり大きく開けて私を見た

 

「ありがたいはね、そうだねぇ、とってもうれしいってことかな」

「うれしいの?」

「とっても、うれしいんだよ。そして、そうだねぇ、、、そうしてくれた人のことも、自分のことも愛しいなぁ、って思うことかな」

「いとしい、ってなに?」

「だいすき、ってことだよ」

「・・・ふぅん」

 

あのとき、ひいばあちゃんは何歳だったんだろう?

ばあちゃんのお母さんなのだから、とっても、なんていうかお婆ちゃんだったんだと思うけど、はっきり分からない。

 

あの日、もやしのひげを取りながら、私は「ありがたい」にテキトウな節をつけてずっと歌っていた。

 

「あぁりぃがたぁぁい~♪あぁりぃがたあああい~♪」

 

「ウニちゃんは歌が上手だねぇ」

 

ひいばあちゃんが、ゆっくりと手を動かしてひげを取りながら、ほめてくれるのが、とても嬉しかった。

あれ?これがもしかして「ありがたい」なのかな?と思ったものだ。

 

 

 

今は、私が「ありがたい」を連発する番になった。

 

 

息子に「ありがた婆さん」と呼ばれては笑われ

孫に「でた!婆ちゃんの"ありがたい"」と言っては笑われる

 

だって嬉しいんだもの

 

ありがたい、と言わずにはいられない

 

白内障がすすんで、細かい文字を読むのが苦痛になったし

耳が遠くなって、テレビやラジオの小さい音が拾えないけど

 

頬をなでる風の気持ちよさ

太陽の光のあたたかさ

湿った土をさわったときの安心感

 

今、この世界にいられること

生かされていること

 

ほんとうに

ありがたいねぇ

  

 

すっかり しわしわになった自分の手を見ながら、ひいばあちゃんのことを思い出す

 

じいちゃんのことを思い出す

ばあちゃんのことを思い出す

とうさんのことを思い出す

かあさんのことを思い出す

 

そして、夫のことを思い出す

 

 

私は幸せです

ありがたいです

お父さん

お迎えはもうちょっと先でいいからね

 

 

f:id:uni-ya:20150811220405j:plain

   DMC-GM1で撮影 

 

死んだ父が植えたテッセンに、植えたおぼえのない新顔が巻きついてました。

10年経過して、盛大にもしゃもしゃになったツルが、巻きつくには良い塩梅だと野生の勘で分かったのでしょう。

種の状態で空を飛びながらそんな場所を見つけるなんて、鷹並み?

植物の生きる力ってすごいなぁ

 

気づいてないだけで、人間も、こんくらいは強いよね、たぶん、

と思った夏の日でした

 

では